のぼりをイベントで使うとどのような効果があるのですか?

のぼりをイベントやキャンペーンで使うのは、費用対効果が非常に高いからです。

どのような効果があるのか、概略をお話ししましょう。

◆客を引きつけ店内に誘導する役割。

のぼりでよく見かけるのは、コンビニやスーパーなどでの特価セールや春夏秋冬のキャンペーンなどです。

産地直送とか厳選などは定番です。

そもそものぼりは竿と薄い布でできていて、それを入り口付近に立てて使います。

風になびいて“旗めく”ことから、良く目立って客の関心を引きつけ、通りがかりの客を入り口から中へと誘導する効果があります。

また来店目的で訪れた客にも、入り口で告知して購買欲をそそるという効果もあります。

◆価格は安いもので印刷込み500円から。

のぼり専門店に行くとのぼりのサンプルが多数あり、価格も提示されています。

生地によって値段は異なりますが、需要の9割を占めるポリエステル100%のポンジーなどは、1枚あたり500円というのぼりです。

ネット検索すれば価格はいくらでも公表されているので参考になります。

◆のぼりの費用は1本、印刷込みで500円~1,000円程度。

イベントなど各種の催事にのぼりは欠かせないものとなっています。

単価が安いので春夏秋冬、リアルタイムな商品告知などに作り替えても負担にはなりません。

のぼりをイベントに使えば入り口付近や会場全体が賑やかにみえ、活性化するので客も足を踏み入れやすくなります。

費用対効果が高く、費用がかからない割には客寄せ効果が高いことから、日本の商戦では古くから定番になっています。