イベントやセールの開催に必要なためのぼりを作ろうと思います。

イベントやセール用に作ったのぼりのパワーポイントデータとは何を指すのでしょうか。

データの意味や持参の仕方などについてお話ししましょう。

◆パソコンに保存されているデザインそのもの。

のぼり専門店がいう「パワーポイントデータ」というのは、のぼりをデザインしたパワーポイントそのものを指しています。

たとえば自宅のパソコンや会社のパソコンがWindowsだったとしたら、その中にはパワーポイント(スライド資料などの作成用ソフト)が標準装備されています。

それを使ってパソコン上でデザインしたのであれば、必然的にデザインは保存されているはずです。

それをメモリスティックなどの記録媒体にコピーして持ってきてくれということです。

◆パソコンに別保存されているパーツも持参。

データというのでむずかしく考えてしまいますが、要は、パソコンで作ったデザインはすべてデータです。

それがあれば、色や書体などがデータになっているので取り違えがなくなります。

イベント用のぼりで使うロゴマークやロゴタイプが別にあるのなら、それも含めて一式を持参しましょう。

◆パソコン上で作ったモノは、イベント用のぼりのデザインに限らず、すべてデータ保存されているので、単純にデータと呼んでいます。

WindowsではなくMacで作ったものも、収納されているのはデザインデータです。

イベント用の完成したのぼりデザインだけではなく、ロゴマークなどのパーツが別にあるのなら、念のためそれも持っていくといいです。